花束を君に

ぼやけた六等星だけど思い込みの恋に落ちた

Snow Manはなぜ売れてるのか オタクなりに考えてみた

 

 

 

 

 

Snow Manってさ、もしかして売れてる?

 

 

 

 

 

Snow Manって、売れてるのか〜(物理)

 

 

日本で今一番曲が売れるジャニーズ

 

( ↑これは7/15の夜会(深、ラウ、めめ)に出演時の、紹介文句)

 

 

すごい

(浅い)

 

 

 

 

気づいたらめちゃくちゃテレビに出てる。

 

そういえばよく売れてる!みたいなの、よく聞くわ…。

 

 

 

しかも現にめちゃくちゃCD売れてるし……

(オリコンランキング上半期一番稼いだ男たち)(49.2億)(数字エグ!?)

 

( ↑売れてる男って、こんな顔に自信が出んねや…と頷いてしまうほど、脂の乗ったいい男っぷり写真なので見て) (見れない人はYouTubeのコミュニティ欄にも同じ写真あるから見て) (ド正装かっこいい〜!)

 

 

 

 

 

でも、なんで?

(なんで?)(エコー)

 

 

いちオタクとして、ファンとして、何がトリガーとなってここまで売れたのか、分からない。

 

 

何きっかけで人気が出たのか、心当たりがない。(自分がジャニーズみたいな言い方)

 

 

 

わたしの周囲で、スノのオタクがむちゃくちゃ増えたわけではないし……(これはわたしが友達少ないからだと思う)(可哀想)、

 

 

また、体感としてTwitterでフォロワーが、CD複数購入をしてるわけでもない……

 

 

過去3作はいずれもある程度時間が経ってもかなりの枚数が売れ続けている事が目につく。実際、『KISSIN’ MY LIPS/Stories』と『Grandeur』は週の売り上げで1,000枚を切った事はなく、『D.D./Imitation Rain』にしても34週までは4桁の売り上げを維持し、発売後1年以上経過しても424枚~3,043枚と高い次元で推移している。この傾向は、発売後数週間で販売枚数が縮小してしまう現在の一般のCDシングルの傾向とは異なり、これがSnow Manの強さと言えるだろう。(Billboard 7/25)

 

 

確かに、数字では過去のCDも売れ続けてるけど、

ましてや過去のシングルを購入してる人なんてわたしの周りでほとんど見ないし……

 

つまり買ってるのは新規のファンってこと……?新規……?でもこんなに定期的にCDが売れるほど毎月毎月新規が…………??

 

 

 

こういったことを考え始めたきっかけは、最近とあるきっかけで読んだこのブログの存在もある。

 

 

 

この記事を読んで、わたしはSnow Man起爆剤はなんだったんだろう、と考えていた。

 

もちろん、この時と今は全然時代が違うし(主にジャニーズがSNSに進出しているという点で)、様々な要素が複合的に混ざりあってるんだろうけど、でも何かほかとは違う、決定的なものがあったのじゃないだろうか。それがなにか分からんけど。なに?

 

 

 

 

( ここでPCを使命感に満ちた顔で開くわたし )

 

f:id:haaaaaaanamaru:20210731073700p:image

(デビルマンさながらの顔つき)(やる気だけはあります)

 

 

ということで!!!!!

 

 

 

Snow ManはどうしてこんなにCDを売り上げるのか」

「なにが起爆剤なのか」

「どこがすごいのか」

 

を、オタクなりに考えてみた。

 

 

 

わたし自身のTwitterでも、みなさんに意見を募集してみたので、それも踏まえて、特に証拠は無いオタク目線の考察を書いていこうと思う。

(マシュマロくれた人ありがとうございました!ギッチギチの熱い考察マシュマロをたくさん頂きました)(受け取ったぜ熱い思い)

 

※ここではオタクが自分の脳ミソの中で考えたことだけを書き連ねているため、全ての話に根拠は一切ありません。(虚ブログ)(需要どこすぎ)

※わたしはガチガチの現在進行形オタクなので、客観性を欠いた、ただの褒め褒めブログになってしまっている可能性もありますが、それを踏まえてお読みください。

※めちゃくちゃ長いので急いでる人は「これらを踏まえたわたしの考察」からお読みください。

 

 

 

 

Snow Manについての基本情報

公式プロフィール

とってもわかりやすい!

オタクから特に話すことはないけどわたしは2枚目の時の「二枚目だぜ!Snow Man」ってキャッチコピーがオシャレで気が利いてて好きです。

 

Snow Manの数字の傾向 21年7月現在

  • CD→デビューシングルから3作ミリオン

現在4枚目HELLOHELLO(7/14発売)が85万枚売り上げ

 

 毎週あがる動画再生回数はだいたい140万〜200万回(テキトーです)

 

  • 主なヒット動画

Snow Manチャンネル→人狼シリーズ 1011万回

ジュニアチャンネル時代→卒業旅行動画 1200万回超え(すごい)

なんと54分もあります。長ェ〜!

 

  • Weibo フォロワー104万

馴染みのないSNSであまり凄さが分からないけど、我らがキムタクが250万でした。(分かりづらい)

100万超えてるとすごい!みたいな感じなのかな。

 

 

 

 

Snow Manがなぜこんな売れてるのか」みんなの予想箇条書き(マシュマロ回答まとめ)

特にたくさんもらった意見を、大まかにまとめてみました。

 

灰色イタリックは、わたしなりの感想とか疑問点?的なものを書いたものです。めちゃくちゃネチネチ文句つけてるので、お暇な人はお読みください😉

 

 

Snow Man自身の要素

ここは主にスノ自身の特徴

 

グループの歴史やここに至るまでのストーリー性に共感する

 

みんなの個性がめちゃくちゃ強い

 

このふたつは本人たちのバックボーン、特性という意味で同じグループに入るだろう。

 

→確かにスノの個性やストーリー性はハチャメチャむちゃくちゃに強いけれど、しかし、ジャニオタのわたしからすると、ジュニア時代からのストーリーだったり、分業的な個性(例えばキャスターっぽいなら○○くん、とか)は、割とどのジャニーズグループにもある気がする……?

 

 

 

メンバーが仲良しで、9人もいるため組み合わせが多く、関係性萌えが発生しやすい

 

確かに、オタクって関係性、好きじゃん? 

シンメとかコンビとか、あとは最年長×最年少とか好きじゃん(それはお前や)

スノは特にメンバー同士満遍なく絡むグループだし、単純に組み合わせ36ペアあるし。

 

→でも、これもジャニオタのわたしからすると、メンバーが仲良しで関係性萌えがたくさん見つかるってのは、他のグループにも全然あるしなぁ…スノだけの強み・特徴ってわけでもないかも……?

 

 

本人の年齢が高めなことに合わせて、応援しているファンも、デビューグループのファンにしては年齢層が幅広い

デビューグループのファンにしては比較的成人済が多い印象があり、ここから派生して、

経済的にも余裕のあるファンが多いのでは?という考察が多かった。

 

他にも、

タイミング的に嵐が活動休止した時期で、そのままスノにハマりました!という人をよく見る

 

推しの界隈が、自粛期間中に完全にストップしてしまって、暇で見てたら気づいたらスノに落ちてました

 

このような、他のグループ(他の界隈)のオタクがスノにハマったという考察も多かった。

これは、

そもそもオタクなので、推しのコンテンツにお金を払うことに躊躇いがないからCDが売れるという意見。まぁつまり上と同じかな?

 

これ、面白かったのが、

 

嵐や関ジャニなど他のジャニーズグループからスノにハマったオタクは

「スノは嵐( 関ジャニ etc.)オタみたいなジャニオタが特にハマりやすいと思います!」

って言っていたのに対して、

 

「スノは、特に2次元オタクのようなジャニオタ以外のオタクに超ハマりやすいです」(めちゃくちゃいた)と、アニオタの方達は言っていて、

 

そして「Kポップオタクです!」や、その他にも「AAAオタクでした」や、地下アイドルオタクの方やロックバンド庭の方や、

そして、「ジャニーズにハマったのはスノが初めてです。」みたいな方(割といた)、

みーーんな、「○○(自ジャンル)オタクがハマりやすいんだと思います!」と言っていた。爆笑

 

 

もうそれは全部やん。

 

全ジャンルから同じこと言われてる。困る、どれが正解なんだ。とりあえず、色んなとこ出身のオタクがいることは分かったよ…

 

 

→デビュー後に新しくファンになった人にオタクが多いとするなら、

どうしてその「大人」「経済力のある人」「オタク気質の人」が他のグループじゃなくてスノのことを好きになりがちなのか、

そして、どうして活動休止やら自粛期間やらで色々あった他界隈オタク達を、スノが獲得できたのか、そこが気になるかも……?(他のジュニアグループとかも自粛期間中にリモート動画あげていたので)

 

 

テレビ出演時の爪痕の残し方がすごい!一般の人から見ても好印象

確かにSnow Man、よく全員でバラエティ出てるイメージある。(例: 夜会)

見たよー!という声もよく聞く(体感)

 

→でもジャニーズが全員でしゃべくりとか出てたら割とみんな爪痕残してない!?一般人視聴率も高い気がするんだけど、どう!?(疑心暗鬼) あれで新規ごっそり獲得してるかな!?

 

 

あと、たしかにプロモ期間( CD発売週前後 )にめちゃくちゃ音楽番組に出てるイメージもある。(例: シブヤノオト)

 

→これまでのプロモ、一般人に向けて、音楽番組で爪痕って残ってたのか、ピンとこなかったんだけど

そういえば、爪痕を残すという意味でいうと、

 

 

 

残ってるわ

 

今回に関してはめちゃくちゃ残ってたわ

 

 

 

外的要素

ここからはスノの周囲の要素!

 

YouTubeTwitterなど公式の供給が多く、またプロモーションが上手い

これは、確かに今までのデビュー組ジャニーズとは全く違うところ!!!!!!と思った。カウントダウン動画をしたり、CD発売前にMVや特典が見れたり、ハッシュタグを公式が設定したり…ってのは知名度とか売り上げアップに確実につながってるはず。

 

→しかし、例えばYouTubeなら今はジュニアチャンネルとかSixTONESもあるし、インスタなら関ジャニとかもおるし、他グループでも、CD発売でTwitterアカウントが公式ハッシュタグつくることは珍しくなくなってきたので、スノのみの特性だ!って断言は出来ないかも。逆に言うと他のグループも似たようなことはしてる気がする…?

 

SNSのファンの雰囲気が良く推しの宣伝に協力的(積極的)で拡散力がある

分かる

 

 

通常に全曲入ってるので、新規の人がお試しで買いやすい

盲点だったけど、確かにジャニーズは初回AとBでそれぞれ別の曲がついて、さらに通常でまたカップリングがある仕様が多い。

 

CDの発売スパンが比較的長めなのが、お金の余裕&久しぶりのシングルで嬉しい→からの購入につながるのでは?

 

界隈によっては年単位でしか新曲が無いところもあるので、CD発売発売期間が短めで供給がたくさんあるのがファンを離さないのでは?

 

真逆の意見!笑

みんなの意見聞いてて知ったけど、好きだけどいちいちシングルは買わずにアルバムを買います!というファンも割といるという意見を見たので、シングルを全種類買うのってもしかしたら少ないのかもしれないと思った。

そうなると、全曲入ってる通常があるのってやっぱめちゃくちゃお得だよね!一番安いし!

 

→形態ごとに収録曲(カップリングなど)が違うのは、全種類買ってもらうための作戦だと思ってたんだけど、スノは映像が各種異なってて通常に全曲収録っていう形態だから、「全種類揃えてもらいたい」という方針としては、結局どちらも似てるのかな〜と思った。

 

 

 

 

これらを踏まえたわたしの考察

上記を踏まえて、大きく3つに分けて考えてみた。

 

  1. 売り手(YouTubeやエイベックス)のプロモーションが上手い
  2. 本人たちの働き方が上手い
  3. オタクの営業活動が上手い

 

この三位一体で売れたんだと思う。

順番に説明します。

 

 

 

1.売り手(エイベックスの)プロモーションが上手い

 

まず、大前提として、

YouTubeとCD特典映像がめちゃくちゃ良い。

これが、大前提としてやはりあると思う。

低予算で面白い!がモットーのいつでもメンバー大はしゃぎYouTubeは、どんな企画でも常に100万回再生以上は担保しているし、

特にCDは、MVが複数あったり、そのすべてのメイキングが見れたり、毎回一時間もあるレクリエーション映像(爆笑間違いナシ大はしゃぎ大揉めカオス60分)がついてきたりするのは、1000円代のCD価格として赤字が心配になる内容量だ。

 

 

しかし、いくらYouTubeが面白くても、MVがオシャレでも、特典がめちゃくちゃ豪華でも、そこにたどり着いてもらえなければ、知ってもらわなければ、そして話題にならなければ意味が無い。

 

 

エイベックスの作る公式プロフィールやSNSやたらYouTubeへの動線が貼られているのはそのためだと思う。

 

 

 

 

 

YouTubeが更新された時にリマインダーとしてお知らせしてくれるだけでなく、

音楽番組を見て気になった人に対してのMVの紹介、

さらにYouTube生配信ではハッシュタグの指定など、

まさに

できる限りたくさんの人(特に初見の人)に動画を見てもらい、話題にしてもらう

ことを目的とした鮮やかな仕事ぶりではないだろうか?鮮やかすぎて泣ける。

 

 

この公式アカウントさえフォローしておけば、プロモーション期間の出演番組(番組、ラジオなど)は一通り把握できるし、気になった曲のMVはツイートに貼ってくれてるし、なんとなんと、本人たちのここでしか見られない動画も見ることができる。

 

 

ちょっと気になってるんだよね〜」という人に、こんなに手厚い公式アカウント、なかなか無くない???????

 

わたしが新規なら、とりあえずフォローしとくか〜とポチっとしちゃう。

その時点で、もう半分沼に足を取られていると思った方がいい。なぜならスノーマンのプロモ期間のプッシュ量はえげつないからである。多い時は1日3〜4時間は新規絵が出る。(新規絵言うな)

 

そうやって、気になるな〜フォローするか〜とフォローした人が、タイムラインでSnow Manの名前を繰り返し目にして、時々動画をポチっと押して見たりして、なんだか徐々に気になりだしてしまうパターンが多かったのではないだろうか。

 

テレビを見れなくても、YouTubeやツイートの動画などを見るのはとても簡単でなおかつ気楽だ。

ツイート動画は長くて2分、しかもメンバー日替わりで各自個性的なものをあげている。遡ってついつい見てしまうという人も多いはず。

 

 

思えば、この各自が動画を撮ってカウントダウンしていくという方式は、滝沢歌舞伎Theムービーの時も行っていたやり方だった。

(ここぞとばかりに推しを貼るな)

 

このカウントダウン方式は既存オタクもワクワクできるし、自担が出てたらRTして「見て!」と拡散したくなるし、とても上手い方法だな〜と思う。

 

 

なにより、少し気になっているという人に、簡単に、多くの情報量にアクセスさせられるという点で素晴らしい公式アカウントだ。

 

ちなみに中の人がブログを書いているのだが、ありがちな中の人特有の勘違い厚かましさもゼロ(ワラ)、誠実の塊みたいな文章でもはや中の人ファンになりそうなほどなので、良かったらこちらもチェックしてみてほしい。

 

 

 

 

2. 本人たちの働き方が上手い

わたしはよく、Snow Manのことを会社みたいだなと思う。

個性もあって役割分担が比較的しっかりしていて、それはほかのグループも割とそうなのだが、みんなが「Snow Man」という会社のために、様々な仕事をそれぞれこなしている。

これは、表立ってテレビに出てる部分ではなく、裏の地道な仕事をむちゃくちゃしてるということだ。

 

 

PDCAサイクルってご存知ですか?(突然)

 

f:id:haaaaaaanamaru:20210731033022j:image

今まで聞いたスノの話でこのサイクルを埋めると、

 

PLAN(計画)

・紅白の辞退が決定した時、LINEで「これはチャンス」と話し合った

・個性が強いグループの中で、自分が目立てる個性は何なのかを考えた(翔太)

・大事なバラエティ前に、楽屋で、みんなで、どんな風に話して立ち回るか相談した

など

 

DO(実行)

・メンバーと差別化した「美容」という個性を手に入れる(翔太)

・趣味をさらに深掘りするという意味で資格取得をする人(阿部ちゃんやひかる)

・ダンスやアクロバットをたくさん練習する

・例えば「デビューシングルミリオンいきたい」や、「サスケステージを突破したい」、「〇〇さんと共演したい」、「初が取れるグループになりたい」など、自身の目標をすべて口に出して鼓舞、さらにファンや関係者にも今何がしたいのかを周知させる(これめちゃくちゃ大事だと思ってる)

 

CHECK(評価)

・自分の出た番組を見返して、あまりの喋れなさ具合に落ち込む(深澤さん😢)

・ダンス動画や出演番組、みんなのマルチアングルなどを見返す(主にひかる)

・バラエティ番組での反省ノートを始めた(康二)

・ウェブの個人動画の投稿時間を管理(めめ)(いまもやってるのかな?)

・歌舞伎の公演を、毎公演見返して出演者全員をチェック、ダメ出し(いわふか)(2ヶ月毎公演)

・月イチの食事会でお互いに言いたいことを何でも言い合う(これもはやランチミーティングだろ)(しかも提案者は最年少ラウール)

ファンに対してのレスポンスがめちゃくちゃ早い(〇〇に出るから見てね!だけでなく、ミリオンありがとう!、生配信見てくれてありがとう!、重版ありがとう!、など)

 

ACTION(改善)

・バラエティ番組のスタッフにどうしたらテロップに使ってもらいやすいか聞く(佐久間くん)

冠番組のスタッフにアドバイスをもらう

・メンバーそれぞれのダンスを微調整する(ひかる)

・ジュニアに改善方法を指導する(in 歌舞伎)

 

 

※なによりこのへんの裏方情報をすべて本人たちから共有してもらってるのがやばい

 

 

長年座長をしていた人の直下にいた、そして現在はその歌舞伎で座長をやっているという経験からなのか、各自がメンバーの細かい所まで目を行き届かせて、チーム全体の士気を高める、そのために自分ができることをやる、みたいなことが当たり前に出来ている気がする。会社?

 

目標を声に出して、そのために仕事を頑張って、その後は毎回反省会をしたり、リーダー中心にすぐ改善をしたりのルーティンが、グループ全体でこんなに頻繁に行われているところは少ないのではないか。えっ……会社……

 

 

しかも当初の目標が達成された時は、逐一大喜びで報告・感謝される。

そりゃあさ〜……ファンとしてもさ〜……デカい目標を逐一共有されてたからさ〜…………嬉しい。(デカ文字)

 

この反省→改善ルーティンの何がすごいって、実際、音楽番組などに出る度にパフォーマンスが進化してるのが分かる。

 

毎回どこかしら改善されてる。恐らくひかるが音頭をとってやってるんだろう。素人には具体的に何をどう変えたか全然分からないんだけど、毎回毎回、目に見えてパフォーマンスのクオリティが上手くなってると感じる。すごい。何が変わったんだろ?(素人目)

ダンスがわかりやすい例だが、他にもいろいろと本人たちなりに察知して改善している点があると思う。(まぁ、その分本人たちがオタクのざわつきにやたら過敏な点もあるワラ)

 

月イチのご飯会(今は状況的に延期中)の話題も、深澤さんがやたら「あれはいい」と言ってる印象がある。「ラウールが言い出したんですよ」と添えてる印象もある(皆さん、ふかラウですよ)。相当嬉しかったというか、実のある時間になっているんだろうな〜。

ジュニア時代、「(デビューの話題が)あまりにも現実的かつシビアな話題すぎてプライベートでも全然話し合わなくなってしまっていた」(ニュアンス@1万字)と話していたふっかさんなので、無理矢理にでも時間を作ってみんなで話し合う大事さを実感してるのかもしれん。いやこれは知らんけど……

でも奢りジャンケン後の写真、超楽しそうだもんな。毎回全員で記念写真撮ってるの超♡なかよし♡で良い。

 

てか、スノーマンのやってることってめちゃくちゃ有能な会社員って感じだけど、

みんなして何かしらの趣味があって、それをおおっぴらに話してキャッキャッして、うっかり影響受けてハマっちゃうメンバーとかいるし、誰のことも全然否定しないし、あの多様っぷりある文化は、どちらかと言うと女子校に似ている。

仲悪いコンビも無く、陰キャ陽キャも各々が自分のことを話せる環境が楽しそう。わたしも混ざりたい。

 

長々と話したが、こういった何でも話せる関係性とPDCAサイクルが生むのは定着率だと思う。

 

沼落ちブログでもしょっちゅう言われているように、Snow Manは個性が強い。パフォーマンスも上手い。沼落ちするオタクの元界隈が様々だったように、オタクが刺さるジャンルも人それぞれ様々だろう。

しかし、その刺さるという点だけでは、Snow Manじゃない人たちにも同じようなポテンシャルがあると思う。

 

つまり、一度気になったオタクを、いかに飽きさせないで、楽しくお金を出してもらうか。

一般的に茶の間と呼ばれるオタクを、どうやって熱量の高いオタクに変えさせるか。

このへんのサービス精神が、スノはめちゃくちゃ強いと思った。先程貼った公式アカウントの個人動画が各自すごく凝ってること(最近のFC誕生日動画とか、ありえないくらい凝ってるし、佐久間くんの回とかもはやショートムービーレベルの完成度だったワラ)を見てもらえれば何となく言いたいことがわかると思う。

 

当初は、1人が複数買っていたシングルも、現在は、各自が3形態を1種類ずつ買うことで同じ初動を叩きだし始めてると思う。

地道な新規獲得→定着の成果ではないだろうか。(そうなん?)

 

なにより、オタクがオタクとして、自分のために購入したものや拡散したことが、本人から即レスで感謝されたりするのだ。そんなつもりがなくても、やりがいなんて出てきてしまう。

 

そして、これが次の項目につながる。

 

 

 

 

3. オタクの営業活動が上手い

売り手や、Snow Man本人たちが、自分たちを売り込むのが上手いことは説明した。

 

 

Snow Manのファン界隈には、さらに熱心にこれらを宣伝するアカウントが存在する。

 

 

 

 

 

 

ざっと並べただけでもこれだけある。もしかするとまだまだあるのかもしれない。

これらは、非公式でファンが動かしているアカウントだ。私情を一切挟まない有益ツイートを流してくれている。

 

すごくない????

 

非公式infoアカウントは各グループにあるのを割と目にするが、ここまで多種多様にアカウントが揃っているのはここだけではないだろうか。

これらのアカウントは大体相互フォローしているため、新規ファンはここのどれかのアカウントをフォローするだけで、その日に誰が何に出るのか、YouTubeの再生回数が今何位なのか、何が更新されたのかすぐ分かる仕組みとなっている。しかも、例えばどうやったら順位が上がるのか、ルックアップとは一体なんなのか、weiboはどうやって登録するのか、そういった情報もすべてアップしてくれている。なんて新規フレンドリー。

 

個人的にこれらをフォローしていて、何かしなきゃ……!と強迫観念に追われることは余りない。

しかし、見落としてたすの日常の動画やweiboの投稿に気づけたり、

ミリオン達成したことが即TLにお知らせされていて寿司でも出前しようかなと思ったり、

たまたま見たツイートで「こちらの動画、もうすぐ1000万回です!」という情報を見て、久しぶりに見ようかなという気持ちになったりはする。

 

 

また、例えば、

貢献したい!とCD買ってみたはいいものの、これどうすればいいんだっけ?という場合。

何か動画を見たい!と漠然と思ったが再生回数がもうすぐキリ番(死語)なのはちなみにどれなんだろ?という場合。

推しが出た番組が最高だったからハガキを書きたい!でもどこに送れば正解?という場合。

そんなことをふと思い立った時に、これらのアカウントは、特に、かなり役に立つだろう

 

 

何が言いたいのかというと、こういったアカウントが、ファン主導で動かされていて、そんな熱いファン層が多くいる界隈は、全体の熱量も必然的に向上するということだ。

 

いろいろ話したけど、ラジオやYouTubeやら毎日更新モノが多い供給過多Snow Manを推していく上で、ズボラな私にとってこれらのアカウントはマジで必要不可欠だ。

ほんとにありがとうございます、いつもお世話になっております。中の人はくれぐれもお身体ご自愛下さい……(菓子折り)

 

 

他にも、スノのオタク界隈では、オタクが推しの商品を購入しようとする文化が当たり前にある印象がある。

 

 

 

 なかでも、客数増加に一役買っているのが、昨年9月から同社のブランドキャラクターを務めるSnow Manだ。

 

Snow Manはとても人気があるうえ、9人組と大所帯。さまざまな記念日にSnow Manファンのお客様は不二家へ足を運び、ケーキを購入してくださるのです」

 

この記事もかなり面白いので是非読んでみて欲しい。

 

 

このように、ファンの中で、「商品を買う」「推しの名前を番組ハッシュタグでつぶやく」「ハガキを送る」などそういったことが自然と行われており、さらにやり方がファンの中で相互に共有されているため挑戦しやすく、それが様々な話題性につながっているのだと思う。

 

わたしは、ハッシュタグでつぶやくこともハガキを送ることもあんまりしないし、コラボ商品を購入して、例えばモスバーガー(なべラウ広告中)を食べたりしても、それを公につぶやくこともあんまりしないんだけど(それが悪いわけでは一切ない)、そういう層もファンの中には確実にいるはずだ。

しかし、そんなわたしでも、先程の非公式アカウントが作ってくれているワンタッチツイートを使用したり、公式SNSのハロハロ動画をRTしたりして大騒ぎするだけで、勝手にハッシュタグがRTされて、結果的に話題性を向上させる一端を担うことになる。

 

別に無理にお金を使わなくても、公式RTやリンクの共有、ワンタッチツイートを行うだけで、簡単に推しの情報を広げられる。しかもこれをすることは、推しの公式動画や公式サイトを共有することができるため、非常に効率がいいと言える。この仕組みの手軽さが素晴らしいと思った。

 

 

 

まとめ

つまり、

 

公式のガッチガチバックアップ(山盛りYouTubeへの誘導)

↓                       ↑

Snow Manが毎回素晴らしいパフォーマンス&レスポンスをする

↓                       ↑

オタクが自然に広報となって、クチコミ、さらに公式を拡散して話題にする

 

 

 

 

これがグルグルまわって、人気が出てるんじゃないか?というのがわたしの結論で、

 

 

 

 

そして、日本は、一度音楽ランキングで有名になると、延々とランキングに居座り続けるシステムになっているから、(システムってなんやねん)(カラオケ文化のおかげで海外と比べてランキングの入れ替わりが全然ないらしい)(確かにLemonとかPretenderとか一生ランキングにおるイメージあるよね)(てかこのカッコのコメント長すぎやろ)

それと同じで、一度人気と認知されるとその後ずっとそのポジションにいれるのかもしれないなと思った。まぁそれにスノは共演者や業界人にむちゃくちゃ好かれる印象があるのでそれプラスオタクのハガキとかで番組に呼ばれてる部分もあるのかもしれん。共演者の人が全員サイン済CDのことよく話に出すし。あのめめちゃんのサイン、毎回めちゃくちゃ署名でいいよね。待って何の話?

 

 

 

 

自分が投げた疑問点を解決出来ていないばかりか、いろいろ言ったわりには月並みな結論しか出せず、最後は脱線ばかりになりました。

 

なんか他にも言いたいことあったんやけど、もうこれ以上いろいろ付け足すと広げた風呂敷回収出来なくなりそうなのでこれで終わりにします。あと、もう眠いし……(眠…?)

 

 

 

 

 

 

 

 

と、ここまで書き上げたとこで

 

 

わたしの言いたいことってこれじゃね?みたいな記事出てました!!!!ウケる😉😉😉😉

 

当時、沼の入り口とも言えるSNSにどうやって導いたのか...思わず情報を調べたくなるような、高いクオリティの音楽とパフォーマンスをすることがフックとなっていたのではないか

 

それや😉😉😉😉

 

 

 

この売れ方ほぼそのまま今のわたしがなんとかして説明したかったやつや😉😉😉😉てか何で売れてるの?って一般人の疑問を分かりやすい解消したいってものわたしがやりたかったことや😉😉😉😉もう全部わたしが考えたことにしたい😉😉😉😉

 

 

色々話したけど、本人たちがいつでも素晴らしいパフォーマンスをしてくれるからこそ、売り手もオタクも胸を張ってどこにでもオススメできるわけで、やっぱりこれって原点にして頂点じゃね!?って思いました。Snow Manのパフォーマンスが手抜いてたりトチってたりつまんなかったりするの、本当に本当に本当に見たことないもんな。なかなかできることじゃない意識の高さ。

 

 

と、オチがついたとこで(???)ほんとに終わります。

 

みんなもなんか思いついたことあったら(ザックリ)是非マシュマロで教えてください!

ほな〜!🐟

 

 

それゆけスノコ(過去モーメントまとめ)

みんな〜〜〜〜〜!

スノコモーメントコピペだよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!

コピペしてひたすら羅列しているだけなのですが、笑ってまうほど長くなった上に退屈で辛い(ツイートのコピペだし)と思うので本当に暇だな〜〜〜って人のみ読んでください。

 

ほんまのマジで引くほど長い☆(一万字超え

 

 

↓ スタート☆

 

目黒くん、絶対毎日お昼ご飯の時に「ヤベ、めっちゃ腹減ったわ」って言うてる。毎日。 

 

目黒くん、カラー印刷のやつ白黒で刷るし両面のやつ片面で刷るし2アップしないで刷るよなぁ しかも会議用のやつで大量にやらかす 

 

新社会人目黒蓮、社内共有のExcelフォーマットをすべてズラして保存しそうだししょぴ先輩から「変なとこは触るな」と毎回釘を刺されている

 

阿部さん、話長い上司と愛想良く話したあと死んだ顔で帰ってきた 

 

あべべの上司はマジで仕事出来ないクソ上司だし、「分からないことばかりだからご指導ご鞭撻をちょうだいしたくてね、阿部くんはほんとに優秀だから」阿部「いやいや何言ってるんですかぁ〜☺️」って話してるし、残業しながら「分からないならイチから覚えろよな~ほんと」って愚痴ってる 

 

新社会人目黒蓮くん、プレゼン資料の漢字の部分にふりがなふって発表の練習してる でも気合い入りすぎて1枚のスライドに文字ギチギチに入れてて見づらい 可愛い 

 

新社会人目黒蓮、「恵比寿くんは~」「目黒です!」のネタ、マジでどこの飲み会でもドッカンドッカンだから絶対やってるやろ 

 

お肌気にして禁煙頑張ってるしょぴ先輩(2徹目)にニヤニヤしながら大量のタバコ差し入れする新社会人目黒と深澤先輩は悪い奴や…… 

 

社内であまり知られていないが、受付には鹿さんの家族(季節ごとに小物がアレンジされる)が置いてあり、社内掲示板ではうさぎさんのポップが『インフルエンザに注意してね!』とか言ってるけど、全部総務課の屈強な岩本先輩が作ってる

 

新社会人目黒蓮、寝ぼけて友達との電話の時に「ハイスノーマンコーポレーションです」って言っちゃう

 

新社会人目黒蓮「はいこちらスノーマンコーポレーションです。はい…田中様…はい……深澤ですね、かしこまりました。あ、すみませんお名前もう一度お伺いしていいですか?」

 

バレンタインで貰ったクマさんの形したチョコ、勿体なくて食べれないでいる総務岩本照先輩……

 

スライド作るの下手くそそ〜~〜~〜あと話してる内容のスライドの場所ズレてて、深澤先輩が必死に顔で(ズレてる!)って伝えてる

 

総務の岩本照先輩めっちゃきっちり髪の毛固めて会社来てそうだし、よく見たら耳に4つ穴空いててドキドキしたい

 

同期の目黒蓮と一緒に中間淳太課長に毎日怒られたかったな(新たな登場人物)

 

中間「担当したんどっちや💢」目黒・ワイ「「コイツです」」

 

忙しそうにキーボード叩く深澤先輩を見て(今はダメそうか…)って引き返そうとしたらノールックで「お〜それそこ置いといて〜」って言われてぇ〜 「宜しくお願いします」って立ち去る時ノールックで「ほ〜い」って言われてぇ〜

 

新社会人目黒蓮語録「ふっかさん嫌いだわ」「阿部先輩好きだわオレ」「なんもしてないけど壊れた」「常に腹減ってる」「コピー機ムズすぎ」「渡辺さんタバコやめれました?」「あ、それは覚えました、もう完璧っス」「しょぴ先輩って呼んでいいすか」「しょぴ先輩!来てください!エラー出ました!」

 

(続)「いやなんか保存し忘れました」「資料作ったのはガチです」「いやガチで作ったんすけどなんか保存できてなくて」「あーーー、それは今から作りますマジですみませんでした、てかそこにあるチョコもらっていいすか?すげー腹減っちゃって(笑)」

 

ちなみに仲間内でしょぴ呼びされてること教えたのもいわだてなべでピューロ行ったことあるのを教えたのも犯人は佐久間先輩 

 

新社会人目黒蓮、コンビ厨やから(コンビ厨)しょぴ先輩が舘様岩本先輩と仲良しなの知ってから一緒にいるとこ見る度にニヤニヤしてる

 

新社会人目黒蓮、色々やらかすけど毎日“ガチ”で仕事してるから偉い

 

しょぴ先輩が目黒に「あー、俺この春から異動になったから、」って言ったら「え、異動?マジっすか?え、じゃあ俺エラー出たら誰に頼めばいいんすか」しょぴ先輩「いい加減覚えろって話だよ💢💢」

 

しょぴ先輩の異動辛すぎて涙出てきた、密かにしょぴめめを楽しみにしてたモブ社員のわたしは何を楽しみに生きていけば……?

 

しょぴ先輩「ここ変えた方が良くない?伝わりづらいと思う」めめ&ふっか先輩「「……」」しょぴ先輩「え、違った?」めめ「オレ思うんすけど、ここ変えた方がいいっすよね、見づらいですし」ふっか先輩「そうかぁ……」しょぴ先輩「ねぇオレが言うたやつシカトやん💢お前同じこと言うなよ💢」

 

フォロワー、スノコの推しにあげたいチョコの妄想しよ、わたしは総務の岩本照さんにゴンチャロフのアニマルショコラをあげたい

 

髪の毛ぴっちり総務岩本先輩に↑のチョコあげたら「ありがとうございます」って硬い顔でお礼言われたのに、退社後の夜は「チョコありがとうございました😆すごい可愛くて勿体なくて食べられないです☺️一個一個大事に食べます🎶」ってLINE来る。次の日「昨日はひよこさんを頂きました」ってクソ真面目な顔で言ってくるから笑っちゃう

 

翌々日も「ちなみに昨日は何食べましたか?」って聞いたらクソ真面目な顔で「昨日はハムスターでした。」って即答してくれるし、その次の日から「今日はブルドッグくんを頂きます🐶」とか律儀にLINEくれるようになった(可愛すぎて毎晩スクショする)

 

自分でめちゃめちゃ面白いと思ってる話を話してくるしょぴ先輩と、全然面白くないのでシカトで仕事する新入社員目黒蓮(しょぴ先輩のみ話しながら笑いが止まらず爆笑)は2人とも可愛い

 

新入社員目黒蓮、元気してますか?オタクのJCBはいつでも高級ステーキを奢る準備は出来ていますよ。

 

なにを考えてたのか大学の時の学籍番号で勤怠を打ち間違えてた新入社員目黒蓮が今日のハイライトでした、退勤

 

そうか、新入社員目黒蓮さんは大学上京組か……………………

 

コピーとかタイプライティングは苦手だけどトラクターとか精米方法とかどんど焼きの起源とかに詳しい目黒蓮さんのことが大好き

 

総務の岩本照さんって普段喋ってる時はクソ真面目な顔なのに、LINEがギャルなので興味しか湧かないよな

 

総務の岩本さんから「ハローキティと💗😆」って文字と共にめちゃめちゃイカつい私服に身を固めたキティとのツーショ(in ピューロ)送られてきてギャップに困惑したい

 

「え、ピューロランドですか!?」って送ったら「みんなで来てます😌🤝」ってこれまたイカつい私服のなべふかいわさくの4人写真送られてきて(おい~〜そこなかよしなんかい~〜これ以上わたしに萌えを供給すな~〜)と目を回したい

 

総務の岩本さん絶対「ひかる了解!」みたいなスタンプ持ってるし、この前はポチャッコのスタンプ来て萌え死んだ

 

生粋のシティーボーイしょぴ先輩 VS 田舎生まれ田舎育ち東京上京組の新入社員目黒くん ファイッッッッ🔥🔥

 

地元の遠泳大会で優勝したことのあるめめ、海とか極力入りたくないしょぴ

 

田舎育ち目黒「麦茶ってガチでうまい」

 

田舎の目黒蓮、グラウンドにある水道を最大出力にしてびしょびしょになって帰ったことある

 

山奥のめちゃめちゃ行くの難しいとこに秘密基地持ってた目黒蓮

 

田舎育ちゆえ分かる過疎化とか環境問題とかのプロジェクトを珍しく熱心に押しすすめ、社長からお褒めの言葉をもらい昇進した目黒蓮とそれを見て「アイツすげえなぁ」と感傷的になるなべふか先輩

 

社長から賞を貰った目黒蓮「嬉しいっす、田舎のばあちゃん達が喜びます」

 

みんなの心のノスタルジーな思い出に目黒蓮はいるんですよ……わたしだって学校の帰り道の公園で目黒蓮と一緒に謎のかっこいい棒切れ拾って魔法陣みたいなの書いた記憶あるし……

 

冬の寒い日、突然家にやって来て「オレ、東京行くわ」って言いに来た目黒蓮のこと思い出して泣いてる……

 

田舎育ち目黒蓮の話わたし大好きだけど、目黒蓮本人は全身FENDIスーツが似合うんだから意味がわからん

 

私たちが起こしたこの“新社会人目黒蓮ムーブメント”から、広告業界が新社会人目黒蓮の需要と可能性に気付きウイダーまたはカロリーメイトのCMが決定する回(?)

 

あれから公式供給は一切無かったのに、恵んでもらったほんの少しの情報で会社設立してんのおもろすぎ

 

つい先日なんですけど、しょぴ先輩がこっそり行ってたエステサロンのこともふっか先輩がバラしました ふっか先輩、しょぴ先輩のことなんでもペラペラ言うからウケる(しかしほんとに言っちゃいけないことは死んでも言わない)(ハオ好)

 

しょぴ先輩、新入社員で入ってきた背の高い男前の目黒蓮を見て「アイツすごい男前、仕事できそうだな」というフラグ発言をしてのちのち自分で回収する

 

ぶっ壊れたシステムのバグがヤバすぎて焦るしょぴ先輩に目黒蓮は「ちょっと落ち着きましょう」って言うし、しょぴ先輩は「うるせーーー!!💢💢お前はもうちょい反省しろッッ💢💢💢💢」「どこ押したんだよマジで💢💢💢💢💢」ってキレてる

 

のちのち仲良くなった時に目黒蓮に「あの時のめちゃめちゃキレてるしょぴ先輩正直面白かったです」って言われてしょぴ先輩「ふざけんなよおめー」ってなる

 

しょぴ先輩なんだかんだ優しいし、なんかこの前カラオケ行って十八番のハナミズキ歌った時に、目黒が号泣してたの見てめちゃめちゃ感動したらしいから可愛いよな

 

新社会人目黒蓮、5月には深澤先輩→ふっか先輩、渡辺先輩→しょぴ先輩 になってる、岩本先輩のことはまだ岩本先輩だけど(ちょっと怖い)

 

会社寝泊まり用に洗顔料や美容品を引き出しにストックしてそうなしょぴ先輩

 

突然のサーバーダウン対応に追われて会社で寝泊まりするしょぴ先輩にコンビニで買ったチョコラBB差し入れしたい人生

 

渡辺先輩のデスクの一番下の引き出し、めちゃめちゃ綺麗に徹夜時のスキンケア用品が並べられてて引いた

 

わたしも徹夜の時は渡辺先輩にパック借りたいしサボリーノのノリで1分くらいで剥がしたら「お前さ、それめっちゃ良いやつだからな‼️」ってクソデカ声で言われたかったな

 

ワイ「こんな良いパック買う前にタバコやめたらどうですか?」しょぴ先輩「ゥ…ッワ……………………正論が辛い…………」

 

ワイ「禁煙成功したんスか?」しょぴ先輩「してない…………禁煙しんどい…………禁酒なら明日から出来るのに…………」

 

ワイと目黒蓮による、しょぴ先輩のめちゃ高パックを2分で剥がす芸

 

カバンの中汚いんだけど、さっき「ラッキ〜100円発見した!」って喜んでたら渡辺先輩が鼻にシワ寄せてた

 

佐久間先輩「有給申請に………………行ってくる…ッッ…………」ワイ「???...頑張ってください…??」ふっか先輩「あーあれはさ、ほらアレだよ、アレ……あれなんだっけ?」佐久間先輩「コミケだよ!!!!!!こちとら戦なんだわ!!!!!!」

 

阿部先輩、匿名のパワハラとか訴えれるホットラインボックスに信じられん長さのメール打ってたし、懇切丁寧にいかにクソ上司か書いてあってめちゃめちゃ面白かったからふっか先輩が勝手にプリントアウトして内緒で配ってくれた 

 

「13. デスクに座る際、足を投げ出し体を完全に横に向けて座ります。視界の端に脱力した姿勢がうつりこちらとしても仕事に集中できません。」 しょぴ&ふっか先輩「やっべぇ~〜~〜~www」

 

ふっか先輩、電話しながらペン回しがちだし1回それでペン落としてわたしの方見ながら口パクで「ゴメン😫とって😫💦」って言うてきてドキドキしちゃった

 

ビアガーデンでカクテルとかもあるのに岩本先輩も阿部先輩も一生ビールのおかわり行きそうで好き

 

めめポンコツのくせに会議で時々「え、でもそれってつまり○○ってことですよね、意味無くないっスか?」とか矛盾突く発言してふっか先輩「お、お前鋭いね~」ってなってるよね

 

ふっか先輩、佐久間先輩が帰ったら「さッ、うるさいのが帰ったな〜」って毎回言うし、佐久間先輩は毎回すぐ戻ってきて「オイ!聞こえてたぞ!」って言うてくる(うるさ~)

 

ふっか先輩、残業の時にコンビニの大袋せんべいとかチョコとか夏ならアイス買い出ししてきてくれる

 

ふっかチョコは?って聞きにくる岩本照先輩にガルボあげるふっか先輩、ニコニコしながら帰っていく岩本照先輩………………………………(萌え死ぬ)

 

兄上のニノに「どうですか?ちゃんとやってますか?うちの蓮は」って言われて、めちゃめちゃ必死に「一生懸命頑張ってくれてはいる」という旨を伝えるしょぴ先輩は可愛い

 

ニノ「こいつが迷惑かけて…」しょぴ「いや、まぁ確かにコピー機って難しいですし……💦でも彼ほんと優秀ですから」めめ「兄ちゃんおれね、システムもよく壊しちゃうからさ」ニノ「そうなんですか?」しょぴ「いや、そうですね、まぁあのシステムもややこしいですから……💦」必死

 

コピー機って難しいですし……って庇うしょぴ先輩優しいけど無理あって笑う

 

しょぴ先輩「いや、まさかお兄さんに『コピー機をもう3回は壊してます』とは言えないでしょ」めめ「しょぴ先輩優しいっすね」

 

将来、スノコの株券作り出したらいよいよ止めてください

 

超~〜〜〜ありガチでスマンなんですが、岩本先輩にダンボールの備品運んでて欲しい(ネクタイを胸ポケットに入れてる)

 

なんだかんだ私生活が分かりやすいようで謎の佐久間先輩、ふっか先輩が「あいつん家マージででけぇよ」って話してたからますます気になる

 

ふっか先輩「佐久間〜‼️お前ん家金持ちならボーナスとかいらね~じゃん‼️わら」佐久間先輩「うるせ~〜〜😆💢オタクは金かかるんだよ💢あと金持ちじゃね~し」

 

総務の岩本さんは社内ポスター手書き派なんです、手書きしたうえにシールを貼る派

 

岩本先輩と阿部先輩がビアガーデンでひたすらビール飲む姿(そしてその斜め前でひたすらシャンディガフを飲むふっか先輩)を眺めたいな……

 

総務の岩本さんがハンズの手作りフロアの店員さんと仲良しで何が悪いんですか!?

 

総務部岩本先輩、こだわりのパリッとしたシャツ汚れないようにアームバンドしてるし、ポストイットはこれ  【写真を見る】LINEスタンプ感覚で可愛いメッセージが送れます!

 

佐久間先輩、帰省したときは必ずみんなにお土産買ってきてくれるんだけど「えーーーこれめっちゃ有名なやつですよね!!超美味しいけどすごい高いやつ!!いいんですかー!?」って毎回女性社員にキャーキャー言われてる

 

「え!?!?これもしかして全然買えないって話題のバターケーキじゃないですか😭😭」向井先輩「せやで~〜なんか手土産で余ってたらしくて貰ったわ☺️この前僕らは食べたから良かったら営業部でどうぞ」佐久間先輩「え~~俺も欲しい」向井先輩「佐久間さんこの前食べましたやん」

 

佐久間先輩意外とおぼっちゃまっぽいところマジでいい 付き合いたい サイゼ行って「俺これ初めて食べるwww」言われたい

 

みんな!!!佐久間先輩がインスタにあげてた実家のワンコとネコから金持ちの匂い察知したよね!!!???

 

佐久間先輩、夏も冬も絶対帰省するしめちゃくちゃ良いお土産買ってきてくれるし、「あー先輩これ買ってくださいよ〜w」わりと冗談で言ったつもりのやつとか「え〜w まぁいいけどw」ってすんなり買おうとする、マジで何????

 

佐久間先輩、コンビニでアイスおごってくれる時に出したお財布がマジックテープじゃないうえに見たことないクロコのエルメスで(この人ええとこの子か…?)て思う

 

佐久間先輩、ハワイ行ったお土産に「そればら撒き用ではなくね?」みたいな高級チョコ買ってくるタイプね

 

なんかわたし詳しくないけど佐久間先輩のしてる時計めちゃくちゃいいとこのヤツらしいし…………やっぱり…………(察し)

 

宮舘先輩に美味しいアフターヌーンティーのとこ教えて貰いたい なんなら一緒に行きたい

 

宮舘先輩と岩本先輩でホテルのスイーツビュッフェ行ってたらどうしよ……………………………………………(たまたま目撃してしまった女)

 

佐久間先輩は自称陰キャモテない年齢=彼女いない歴だし、深澤先輩は既婚者やし、阿部先輩は今はお仕事楽しいし恋愛はちょっといいかな☺️だし、渡辺先輩は高級ジムと契約済俺は自分に磨きかけてくぜ独身貴族だし…………

 

佐久間先輩、絶対12時なった瞬間にお昼行くし基本的には絶対に定時で帰ると思う

 

佐久間先輩「…57、58、59、ハイッ!!!!!佐久間ランチターーーーーーーイム!!!!!!!!!!」(速攻でPC閉じる)

 

今日も普通に会社来てた佐久間先輩の全身総額、恭子お姉様を上回るらしいよ 

 

ラウぴ、専務とかの息子で帰国子女でインターンしてきた箱入り息子ならいいのにな………………(ただしめちゃくちゃ仕事出来る)

 

佐久間先輩とラウぴはボンボン同士話が合うし、ふっか先輩は「いや~ラウは仕事できるわ、偉いよ」と目じり下がってるし、渡辺先輩はなんかめちゃくちゃラウに懐かれてラーメン連れてってあげたらしいし、目黒先輩は専務のこと見ながら「え?あの人お前のパパなの?」って言ってました

 

ラウぴ「目黒先輩はどうやって入社したんですか」渡辺先輩「俺も長年の疑問なんだよ」目黒蓮「いや、一生懸命だったんで覚えてないな~〜」

 

渡辺先輩はアップルウォッチしてるしiPad持ち歩いてるし家にパソコン3台あるけど、実際の渡辺翔太さんは電子機器扱うの弱いんだ

 

わたし社員証じゃなくてパスモをパチーン!ってかざす目黒蓮見たことあるんですよ……誰に話しても見たことある!って言ってるんで多分週一でやってるんだと思う

 

ふかざわさんに「さくまさんから内線です」って取り次いだら「いねぇって言っといて」なので「了解です、ふかざわさんがいないって言ってます」ってさくまさんに伝えたら「いやいんじゃん!笑 出ろよ!笑」っていう回

 

マシュマロでみんな当たり前に社員として報告してくれるの最高 社内2chですか? 

 

ふっか先輩「おい!飲み行くぞ!」目黒「え、でも俺さっき緊急で頼まれたやつやってるんですけど……」ふっか先輩「んぁ?……あ、もしもし?お世話になっております~スノコ深澤です。はい!その件なんですけど________はい、ではよろしくお願い致します~。……よし飲み行くぞ」目黒「エ~強引~」

 

担当してる人の部屋に電話したらだいたい舘さんが出るの知ってるから、電話して深澤「なるほど~じゃあ専務は明後日まで出張なのね、ところで今日飲み行かん⁉️😆」って言うし「ふっかそれ聞くために電話したでしょ😌💢」って怒られてる(でもちゃんと舘さん来てくれる) 

 

佐久間先輩のデスクに並ぶアクスタのおかげで池袋に流れる音楽がなんなのか、キャラの名前が誰が誰なのかしっかりと分かってしまいちょっと悔しい渡辺先輩

 

スノコの目黒くんPCの様子をおかしくする天才だから内線=システムの渡辺先輩というのがDNAレベルで刻まれてるので違う人に掛けたつもりがしょぴに掛けてるし、しょぴは掛かってきた内線をとったのに「なんで先輩が出るんすか」と理不尽な言葉を投げ掛けられる 渡辺「お前が俺に掛けたからだよ」

 

電話しても指がシステム管理部押しちゃってる目黒蓮さん

 

「お前しつこい!今日はもう手伝い行けないから💢」って怒るしょぴ先輩のことを「じゃあしょぴ先輩がこの前カラオケで気持ちよさげに歌ってたカブトムシ動画、インスタにバラ撒きますよ、いいんですか」って強請ってるのわたし見ました

 

スノコ、もうすでにそれぞれが今の部署から一生異動して欲しくなくて泣いてる

 

渡辺先輩って水筒派なんだね〜って話してたところにまだまだピカピカのビジネスリュックから2リットルの水を出してラッパ飲みする社会人2年目の目黒蓮(高校時代の部活の名残)

 

スタバ、目黒蓮さん多分グランデとか分かってないから「一番デカいやつで」って注文すると思う

 

佐久間先輩って親からお見合いの話出されても「ハイハイ分かりました分かりましたぁっ」って軽くあしらってそう(参照:だていわさく素のまんま回)

 

目黒さん、名刺交換の時もパスモと間違えてました!←何もかも間違えるやん

 

差し支えなければ」「恐れ入りますが」のクッション言葉を「ガチで申し訳ないんですけど」とバカデカ感情込めて話す目黒蓮さん

 

営業部目黒さん、買い出しついでに深澤先輩に「眠気覚ましになんか買ってきて〜」って頼まれてシゲキックスとか買ってきて「お前そこはコーヒーとかさぁ」「違うんスよこれめっちゃ酸っぱいんで目覚めるんスよ」「知らねぇよ!」って言い合ってた

 

シゲキックスに絶大な信頼置き侍目黒蓮

 

岩本先輩は、通常よりだいぶ小さいチビ付箋を使ってなにかと細かく分類してそうで恋じゃない??? その際0.3のボールペンを使って小さーく細かーく3行くらい書きます

 

大きな背中を丸めてちまちまインデックス作成してる岩本先輩

 

あと渡辺先輩はでかでかと納品書に「おk」とか書いてて欲しい。

 

渡辺先輩から返ってきた資料に手描きイラスト付きの付箋が貼ってあったがあまりに絵がヤバくてバケモノ見たみたいな顔になる目黒さん「これ毛虫っスか?」「違ェよ!どっからどう見ても犬だろ!!!」

 

岩本先輩パソコンの叩き方は優しいのにノールックの電卓は割とカタカタ叩きますよね? 佐久間先輩なんですけど、Sキー(佐久間のs)とEnterキーとF8キー(仕事でよく使うキー)がかなり陥没してます

 

 

コロナに負けるな!リモート編

 

スノコのリモート会議、目黒蓮の家のネット回線クソよわよわですぐフリーズしてそう 

 

スノコもリモート勤務になってたら、目黒蓮はどこのコピー機を壊せばいいの…?

 

家のコピー機……???(すなわち死)

 

スノコのリモート会議(朝9時開始)、新入社員目黒くんだけ寝癖+グレーのスウェットで画面に登場

 

佐久間くん、会社の会議に出るためにちゃんと「オタクバレNGゾーン」の壁を作って会議参加してるけど、なべふかさくで飲みする時はめっちゃポスターだらけの背景で飲んでる

 

資料は絶対紙派だったのに家のコピー機壊れたから資料全部パソコン上のPDFで読んでる目黒、会議中の目付きがゴルゴじゃん

 

え、なんか深澤先輩の作ってくれたパワポっておまけで最近食べたラーメン写真とか載ってそうでドキドキしてきた(?)

 

深澤先輩「余談ですが、こちらは自粛期間前に食べた最後の家系ラーメンとなります。美味しかったですねぇ。……ハイ、ややウケを頂いたところで次いきます」

 

佐久間先輩、会社のデスクからもうヤバいから周りのリアクション薄そう

 

どうしよう、佐久間先輩普通に身内の会議はアニメTで出てきそう…………心臓強人(しんぞうつよんちゅ)………………

 

目黒「しょぴ先輩見てください、カラオケ行きたすぎてカラオケセット買いました」しょぴ先輩「…………………………待っておれも同じの持ってる……」目黒「え?笑」後日リモートカラオケ大会開催されて欲しい

 

しょぴ先輩、なんかわからんクレンズジュース(5日分まとめて届くみたいなやつ)飲んでるし目黒に「なんすかそれ.......え?泥水?」言われてる(しょぴ先輩「ニンジンと生姜のジュース💢」)

 

リモート会議の際に飼ってるわんこを膝に乗せて参加する在宅勤務目黒

 

 画面オフだけど目黒のオーディオから「ハッ!ハッ!ハッ!ハッ」って聞こえてきて「もしかして犬いる?」って聞くしょぴ先輩、「あ、バレました?いま膝の上にいます」いう目黒蓮????

 

みやだて先輩リモート会議なのに上から下までカッチカチにスーツキメてくるしたまに水分補給するときお上品なティーカップセットで紅茶飲んでて良かった

 

ヤダ‼️‼️‼️‼️深澤先輩のリモート会議中のズボンはジェラ○ケじゃなくて高校の時のジャージじゃなきゃヤダ‼️‼️‼️‼️

 

新入社員目黒蓮、リモート会議中にウーバーイーツ届いてそうだし、インターホン鳴ってカメラもオーディオも切らんと取りに行くし、帰ってきたらホクホクした顔でマックの袋開けてる

 

目黒「あ、ちょっと待ってください」ふっか先輩「おいおいどこ行くね~ん」「もしも~し」「あ⁉️マック⁉️あ~〜なるほどね、ってなるほどねじゃね〜わ‼️わら」

 

しょぴ先輩「お前まだ一応会議中だからマック食べんなよ?笑」目黒「エ、当たり前じゃいないっスか笑それはないです笑」しょぴ先輩「カッチーン💢」

 

深澤先輩「あ~マック美味そうだな〜」目黒「マジヤバいっす、めっちゃいい匂いします、耐えてますもん今」しょぴ先輩「耐えてますもんだってwwwwww」(←よく分からんツボにハマる翔太)

 

人並みに一人暮らしが長いスノコメンバー、家でご飯作りながらお酒飲んで欲しい キッチンドランカー…

 

以上で〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜す(多すぎ草)

 

逆にここまで書いてて存在してないのあり得なくないですか?もはやどっかにあるやろ。

また定期的に更新します(まだ増えるねや)

 

 

 

ほな!

 
 
 
 

アイドル短歌まとめ(自分用)

過去にあげていたアイドル短歌を発掘しました。

自分用にいつでも見返せるように残しておきたかったので、まとめます。

 

 

 

アイドル短歌

 

夏やすみ ピンクに塗ったくすりゆびを 秋になっても消せないでいる / 佐久間大介

 

蝉時雨 軽やかに跨ぐ水溜まり あゝ消えないでこのなつやすみ / 向井康二(ISLAND TV 夏休み)

 

天井の一番端で踊る俺 ピンスポットとどっちが熱い? / 目黒蓮

 

GPSなんて消えちゃえばいいのにね 世紀末くらい君とふたりで / 佐久間大介

 

竹を割る?そんな怖いことできないよ 女の子まで切っちゃいそうじゃん / 深澤辰哉 

 

古風さを馬鹿にするな お願いが成就したなら必ず断髪 / 岩本照

 

なんとなく目覚めのキスって恥ずかしい 知らんぷりして隣で寝ちゃおう / 渡辺翔

 

昨晩はいつにも増して降ったらしい 欠伸を殺し星屑を拾う / ラウール

 

サヨナラのその向こうでも一緒だと 兵器みたいな平気な顔して / 宮舘涼太

 

一生をかけて愛します大好きです あ、お前じゃなくてラーメンのことな / 深澤辰哉

 

真っ白な馬車に乗って抜け出そう 14年前の波が恋しい / 宮舘涼太

 

御守りと 西の魔女から託された 向日葵畑のたいせつなお茶 / 向井康二

 

もう背伸びなんてしなくて大丈夫 これはみんなを運ぶための羽根 / ラウール

 

12回生まれ変わってもまた君と会えるかどうか計算するね / 阿部亮平

 

最果てに溶けない雪があることを 生まれた時にボクは知ってた / ラウール

 

クリスマスなのにラーメン?とぶうたれる君と過ごすの実は幸せ / 深澤辰哉

 

出来たてをすぐに平らげる俺と君 メシの写真1枚もないね / 目黒蓮

 

泣きそうなキミの手を取り宇宙旅行 一瞬の光 瞳におさめて / ラウール(KISSIN MY LIPS)

 

目に見えるようで消えゆくあの星のことを想って今日も踊るの / ラウール(KISSIN MY LIPS)

 

桃色が ひらりひらりと瞳から爆ぜては落ちる軌跡を眺める / Snow Man(ひらりと桜)

 

うまれたて そっとキスした 次の夏 雪が降るよう祈りを込めて / Snow Man (Lock On)

 

輝きは身に宿すもの 魂がきらきらひかる 君は踊り子 / 岩本照

 

しのぶれどいろにいでにけりわが恋も 最後まで君を騙せれば勝ち / 目黒蓮

 

空き缶が転がる道路 なにもかもつまらなくなって 空を飛んだの / ラウール

 

“たいせつ”はわたしたちだけがみえるもの ぽたりぽたりととける“おおゆき” / Snow Man

 

青く澄む春の光は知らぬまま 捨ててきたもの 掴んできたこと / Snow Man

 

無駄だったことなど ひとつも無かったと 奈落の底からせり上がる“背な” / 岩本照

 

ひらひらと舞い落ちる桜 星になり 北斗九星 燃える魂 / Snow Man(KISSIN MY LIPS)

 

手鏡に揺れるくちびる、ものがたる 今日はどの星と踊りましょうか / Snow Man(KISSIN MY LIPS)

 

くつろげた胸元に燃ゆる心臓を 見せれるもんなら見せてやりたい / 岩本照

 

ももいろの唇の君を連れ出して火星で食べたポテトLサイズ / ラウール(KISSIN MY LIPS)

 

 

 

 

SnowManが会社員だったら~スノコまとめ〜

やっほ~~!

Twitterでやってた妄想、よく「どこでまとめ見れますか!」って聞かれてたのでブログに一括でまとめてみました。

 

 

(サムネがキショツイートにならないように会社のフリ素を貼ってるよ♪)

 

 

きっかけは目黒蓮さんが出演したJCBカードのCM

 

 

なんと二宮和也の弟、新社会人役です。

改めて見ると借りてきた猫みたいな目黒蓮可愛いな…………

 

 

 

 

 

 

 

そう、すべてはここから始まった______。(壮大な音楽)

 

ポンコツそうな弟、新社会人の目黒蓮を見て会社員妄想をしまくった結果、出来上がったのが

株式会社 スノー・コーポレーション

です。略してスノコ。メールアドレスは@suno-co.jpとかです。(テキトー)

 

 

(年齢、性格、序列設定、ぜんぶわたしの妄想です!そのへん嫌な人はUターンどうぞ🎶)

レッツゴー!

 

 

 

 

 

 

🖤目黒蓮

新入社員 営業部

・晴れてスノコに入社してきた新入社員目黒蓮

・未だにどうしてこの会社に自分が入れたのか分かっていない。でも二宮和也兄ちゃんから頑張れ!と渡された勝負ネクタイ締めて出社

・顔が良すぎて社内がザワつく

・入社して1週間後には(ヤバい新人が営業部におる……)と話題になる(色んな意味で)

・コピー頼まれたその日に2台のコピー機を壊す

・印刷部数や紙の大きさをミスる

・電話口で名前お伺いしたあと電話切る頃には名前忘れてる

・パソコン操作をミスって、共有システムが完全に動かなくなる

・これを全部最初の1ヶ月でやりました(期待の新人、噂を裏切らない活躍)

・システムエラーのたびにシステム管理部の渡辺先輩が呼ばれ、部が違うにも関わらずなぜか目黒蓮の教育係になってしまっている

・色々やらかすけど上層部のお偉いさんにはなぜか気に入られがち

・「なんで気に入られてるか分かんないですけど、まぁ俺根性はあるんで。あとパッションっスね」

・上層部のおっちゃんら、恵比寿?いや目黒ですのネタが大爆笑で大好きだったというそれだけの理由で面接通過させたらしいという噂

・引き出しには大量の懐かしい駄菓子が入っている

・東京のコンクリートジャングルには昔ながらの駄菓子屋がなかなか無くて悲しい

・出身はめちゃくちゃ田舎らしく、趣味がザリガニ釣り(これはマジのやつ)、特技はばあちゃんちのトラクターをまっすぐ運転すること

・酒がアホみたいに強い。成人してからはだいたい飲み会の介抱係になっており、働きだしてから上司をタクシーに押し込んで見送るのが得意技(?)になった

 

 

💙渡辺翔

入社6年目 システム管理部

・理系卒、プログラミング出来てエンジニア志望でスノコ入ってきた渡辺先輩~♡(わたしは渡辺先輩の設定が白米山ほど食べれそうなほど好き)

フレックスタイム制、服装が割と自由な部署なのでスーツ出社が少ない

・それなりに平和な毎日を送ってたのにシステムクラッシャー目黒蓮が来てから毎日忙しすぎる

・毎日目黒蓮のことを怒りすぎて、もはや教育係となっている

・「お前💢💢💢今まで何習ってきたんだよ💢💢」目黒「まぁまぁそんな怒んないでください、ほら落ち着いて」「お前のせいで血圧あがってんだよこっちはよォ💢💢💢」

・こんなにエネルギーを消耗するなら給料をあげて欲しい(あがりません)

・人に会う機会が少ない時は美容のために健康サンダルみたいなやつで社内を行き来してる

・デスクが綺麗で引き出しにはライン揃いのデパコス基礎化粧品やパックがズラリと並ぶ(会社に置きっぱなし用で、家に同じものが一式あるらしい)

・フロアの冷暖房の温度にうるさい。寒がりかつ暑がりなのでどの季節でも調節が命らしい

・不健康な生活になりやすいのもあって、最近は仲良しの千賀先輩が通う高級ジムと契約して体を鍛え中

・実は秘書部の宮舘涼太先輩と幼なじみらしいことが最近発覚した

・最近ちょっといい部屋に引っ越した

目黒蓮曰く「しょぴ先輩はいいマンションに住んでる」「部屋の壁がコンクリ」「なんかオブジェみたいなのあった」「冬寒そう」(渡辺先輩「余計なお世話だよ」)

・お肌のこと気にするならタバコやめればいいのにと言われるけど、ほんまそれなので本人もそれ言われると「ゥッ……」としか返せない

 


💜深澤辰哉

入社6年目 営業部

・人当たりのいい性格と確かな人脈で営業部のエース

・新入社員目黒蓮のやらかしぶりに頭を抱えつつ、色々寛大に受け止める先輩。とにかく優しい

・若手はとりあえず深澤先輩について回ってやり方を盗め、と言われている。カッケ~!

・「営業まわり、ここでちょっとコーヒーでも飲んで休憩してから帰ってきたらいいよ!夏とかあっちぃもんね」と程よく緩い方針なので後輩から大人気

・営業一緒に着いてくと必ずお昼時には家系ラーメンに立ち寄り、そして券売機にお札多めに入れて「お前は何にすんの〜」とついでによく奢ってくれる

・よくシェアパックのお菓子をデスクに差し入れしてくれる。夏はアイスの差し入れもあるから嬉しい。

・お酒がそこまで強いわけじゃなく、気前がいいのもあって酔った勢いでよくご飯を奢ってしまう

・どんどん金が無くなるから「いや〜今月は飯無理!帰れ帰れもう!」ってシッシッする(粘ると結局3回に1回は連れてってくれる)

・そんな深澤先輩、料理がまるで出来ないらしくてご飯はほぼ外食か出前らしい

・ちょっと珍しくて可愛い柄のネクタイが好きらしく、誕生日プレゼントにあげると喜ぶ

・実は会社の女性社員の多くが休憩と称して席を立ち喫煙所をチラ見しに行っては、静かに煙を吐いてコーヒー飲んでる深澤先輩を眺める「深澤先輩一服チャンス」を狙ってるが、深澤先輩本人はそれを知らない

 


💛岩本照

入社5年目 総務部

・髪をきっちり固めてピタリと採寸の合ったスーツを着てるため一見めちゃ怖い

・が、社内の張り紙や可愛いポップは実はこの人が作っている(LOVE)

・よく耳を見るとピアス穴が4つ開いていることに気付く

・細々とした書類作成時は、確認の鬼のため訂正がいちいち厳しい。ちょっとめんどくさい。(コラ)

・でも使ってるポストイットが可愛い

・電卓を叩くのがめちゃめちゃ早い(ノールック)

・後輩に近寄りがたく思われがちなのをちょっとだけ気にしてる

・会社周辺のカフェやタピオカ屋に詳しい

・営業部の深澤先輩が買ってきたお菓子をよく覗きに来てはニコニコチョコをもらって帰る(可愛すぎる)

・深澤先輩はもはやみんな用のお菓子とは別に「ひかる用のお菓子」を1箱買ってきている時がある。もちろん岩本先輩はその日のうちにペロリと完食している

・それを見た後に(あれ……岩本先輩……もしかして可愛くない!?)と思ってしまってからはあっという間に仲良くなれます

・バレンタインチョコを貰ったら、チョコの感想をお返しと共にきっちり伝える岩本先輩(クソ真面目な顔)

・大学生時代にアパレル店員をやってたらしく、普段のスーツからの私服の意外性がヤバい

 

 


💗佐久間大介

入社6年目 広報部

・広報部の顔担当。とにかく明るくて社内でも顔が広い。

・営業部の隣にあるので、同期の深澤先輩とはめちゃくちゃ仲良しで飲み友達

・「この会議室狭くない?」深「俺の顔がでけぇからだよ!」のネタは入社して以来散々擦りまくってる鉄板ネタ

・仕事中、ずっと口が動いている(もちろん手も動いている)

・デスクトップやマウスパッドがアニメのアレ(アレ)だし、コンビニの一番くじは欠かさずやるし、よく景品でもらう大量のクリアファイル配ってる

・私生活を隠しているのか意外と謎多い人物だけど、恐らく金持ちだと思われる。(ちらりと見える私物がだいたい数字1桁違うブランド物、時々くれる差し入れが千疋屋など高級お菓子、行きつけのスーパーは成城石井)

・深澤先輩いわく「避暑地的なとこに別荘的なものがあるらしい」「別荘的なものにはプール的なものもあるらしい」(的なもの多すぎ)

・何回かあった私服参加OKのリモート会議では堂々とアニメTシャツを着ていた。(若干引く社員達)

・こう見えて(?)新入社員には厳しくも優しい教育係で、恐れられつつ最終的には慕われている

 

 


🧡 向井康二

入社5年目 広報部

・去年東京に転勤してきた大阪支社村上部長の秘蔵っ子。転勤してきてすぐにめちゃくちゃ仕事が出来るヤツが来たと話題になる。

・東京の先輩に馴染めるだろうか……と気を揉んでたが佐久間先輩と一緒になって3日で部署に慣れた。

・さくこじのおかげで毎日広報部はめちゃくちゃ賑やかだが、時々やかましさがヒートアップして隣の営業部から「おい!ちょっとうるせぇよお前ら!わら」とクレームがくる。

・隣の佐久間先輩、Enterキー押す時に毎回ボソッと「お願いしまァ〜す」とか「行ってきまァ~す」とか言うてるの気になるからそこだけはやめて欲しいな、と思ってる康二

・美味しいお土産やお菓子を山ほど知っているため、おかげで営業の手土産のチョイスには困らない。

・転勤と同じタイミングで入社した目黒先輩とはデスクが近くて仲良し。

・社内報のカメラマンやってる時が1番仕事楽しい。

・仕事中に飲むコーヒーにこだわりがある

目黒蓮からは「味変わんなくないっスか?」と言われていた。

 


❤️宮舘涼太

入社6年目 秘書部

・社内でも超人数少ない部の1人だが、その丁寧な仕事ぶりに管理職のおじ様からの厚い支持を受けている。

・応接室に飾るお花とお出しする紅茶へのこだわりがすごいし、美味しいアフタヌーンティービュッフェの情報に詳しい(ロイヤル〜)

・ネクタイの柄がなんか……前衛的というか……独特……?みたいな時ある(しかもメッチャええとこの)

・胸ポケットにはお気に入りの万年筆が光っている。

・最近渡辺先輩と幼なじみということが発覚し社内がちょっとパニックになったが、バレたきっかけは下フロアにたまたま降りてきた宮舘先輩のことを渡辺先輩がうっかり「あ、涼太〜」と呼んでしまったからである。

・酒豪で顔色が一切変わらない。

・が、向井先輩は「舘さんはね、酔うと可愛くなるねん🎶」と言っていた。

・出社時間がめちゃくちゃ早い。誰もいないフロアを眺めてコーヒーを飲む時間が好き。

 


💚阿部亮平

入社5年目 事業企画部

・エリート街道を突っ走る同期期待のエース

・でも最近天下りしてきた上司が全然使えない奴らしく毎日ご乱心

・電話口で「はい♪はい分かりました♪いえいえこちらこそよろしくお願い致します♪失礼致します〜」と話したあとため息をついて業務に向かう阿部先輩、そのあとの「分かってるなら全部やって欲しいんですけど」の独り言がめちゃくちゃ声低い

・電話しながら見たことない高度なペン回ししてる阿部先輩

・常に傘と携帯用レインコートも持ち歩いているから濡れているところを見た事がない

・その他も何かに備えて色々持ち歩いているからかカバンはデカい

・社内でも花形の企画部に所属するエリート社員だが新入社員の時は目黒蓮ほどではないけれど意外とポンコツかましてました

・食堂で食べるご飯の量が少なくて心配になるが、業務中にカロリーメイトウィダーゼリーなどちょこちょこ間食してる

 

 

 

その他(主にめめなべ)

目黒蓮にシステムエラーの度に呼び出されるシステム管理部渡辺先輩

・渡辺先輩は呼び出されすぎて最近は用件とか聞かずにもう二つ返事で営業部にやってくる

・深澤先輩「翔太来すぎじゃね?」目黒蓮「何度もすみません」渡辺先輩「ホントだよ💢」

・月に1回、「どうしたらこんなことになる?」みたいなシステムトラブルを起こし渡辺先輩はそのたびに徹夜している(可哀想やろ)

目黒蓮と渡辺先輩、ギャーギャー喧嘩しつつもめちゃくちゃ仲良しでお互いの部屋に寝泊まりしたこともある

目黒蓮さん、最近は渡辺先輩の使ってるシャンプーリンスボディーソープに乗り換えたらしい(仲良しか)

Apple製品信者の渡辺先輩、家にドデカパソコンが3台、アップルウォッチ、iPadあるけど目黒蓮に「そんなパソコンとかタブレットばっかあってどうするんスか?」と言われてる(ド正論)

・あまりにもシステム操作を間違える目黒蓮だが、元々分かりにくいシステムだったこともあって新システム導入に予算が降りたらしく鼻高々の目黒蓮

・俺のおかげッスね、と言ってくる目黒蓮に露骨にイラッとする渡辺先輩

・忙しそうでキリキリしてる阿部先輩が、総務部に来る時はホッとした顔でチョコつまみながら岩本先輩と話してるので、「同期尊い……」となる

・いわあべ、忘年会の余興でバク転を披露し参加者はめちゃくちゃどよめいた(それに乗っかってバク転披露した深澤先輩は久しぶりすぎて手首負傷)

・深澤先輩「あれ!前髪…なんか変わった~?いいじゃん似合ってるよ可愛い可愛い。え、待って可愛いって部下に言うとセクハラ?違う?大丈夫?ホント、嫌だったら言ってねマジで💦」(セクハラに脅える深澤先輩)

目黒蓮「俺がシステムエラー起こさないで1ヶ月過ごせたらなんか奢ってください」渡辺先輩「なんで俺が奢んなきゃなんねぇんだよ💢💢」

・結局食堂で定食奢ってあげたしょぴ(優しい)

・パソコン触りながらおもむろにタラタラしてんじゃねぇよ食べ出す目黒蓮「ちょっと……あんまジロジロ見ないでくださいよ」深澤先輩「いや無理でしょ見ちゃうでしょさすがに」

・深澤先輩「そこの引き出し、タラタラしてんじゃねえよ入れる引き出しじゃないんだよね実は」目黒蓮「じゃあどこに入れればいいんですか」(めちゃくちゃ常備してる)深澤先輩「いや一日に何個食べる気なんだよ」

・岩本先輩「あ、阿部〜!今日雨降る?」阿部先輩「今日の降水確率は20%だよ」(降水確率を把握して出勤してくる阿部先輩)

目黒蓮「しょぴ先輩、ご飯行きましょうよ先輩の奢りで」渡辺先輩「は?ヤダよ金無いし」目黒蓮「でも先輩最近財布変えたじゃないですかちょっといいやつに」渡辺先輩「おッ前…………変なとこだけ気回るんだよな……」

・うっかりしてる佐久間先輩からいち早く渡辺先輩と宮舘先輩が幼なじみということを聞いてしまった目黒蓮、2人が電話してるの見る度にニヤニヤしてしまう

・渡辺先輩「あ?お前何ニヤニヤ見てんのキショい」目黒蓮「いやなんでもないっス」(ニヤニヤ)

目黒蓮「お疲れ様です」深澤先輩「お!今日は仕事早いじゃんどうした?」目黒蓮「今日ドラマ最終回、俺リアタイしたいんで」ドラマガチ勢の目黒蓮

 

 

 

 

 

 

 

 

この妄想わたし自身がやってて楽しくて大好きなので、また思いついたらちまちま追記していけたらな~と思います。

というかこれ書いてて楽しかったけど途中からわたし何の世界の話してるんだろ……と虚無になりました。

このボリュームあって全部「ない話」なの辛……!?嘘でしょ…………こっちがリアルで……いまある現実が虚像だろ……!?おい……!!!そう言ってくれよ……!!!

 

 

スノコは働く大人を応援します!頑張れ!社会人!(?)

ほな~✌️🐟

 

ナミダの海を越えていけが好きだ

 

 

 

 

 

突然だが、わたしはSnow Manのナミダの海を越えていけという曲が大好きだ。ぜったいにいつか生で聞きたい曲のひとつである。ライブで、生で、聞きたい。次のライブ以降でセトリ落ちしてたら大暴れしかねない。それくらい大好きだ。

 

スノのオタク内でのファン投票を見たことがないけれど、普通にファン人気も高いんじゃないだろうか。単純に「好き!」という声をよく見る気がする。

 

 

 

 

本当に大好きで仕方ない曲すぎて、普段の気軽な場面では聞かないようにしてるレベルなのだが(イミフな自分ルールで笑う)、どうしてこんなに好きなのか、以下、長々と書き連ねてみた。自己満足以外の何物でもないので気軽に読んで欲しい。

 

 

 

 

わたしは基本的に、

「好きなアーティストが出す曲ならぜんぶ好き!」というよりは、楽曲をアラカルト形式で好きになるタイプで(かっこよく言うな)、

逆に言うと、好きなアーティストとはいえ別にあんまりこれ好きじゃないかもなーという曲もあるし、あんまり好きじゃないアーティストだけどこの曲は好き!ハードリピしてる!みたいな曲もある、そんな人間だ。

 

そんなわたしだが、スノのオタクになってから聞くスノの曲は割とぜんぶ好きで、「あ~これってやっぱりなんだかんだ言いつつ贔屓目なのかな」とも思っていた。

 

 

曲の好きになり方は2種類あると思う。

ひとつは、メロディが好き。雰囲気が好き。例えば洋楽など他言語の曲で何を言ってるのかまったく分からなくても、でも聞いてて気持ちよくなる曲ってのがある。わたしの中でKーPOP、あとはサチモスとかlofiミュージック、シティーポップはこっちに入る。

 

もう一個は歌詞が好き、メッセージ性が好きな曲。歌ってる姿勢とかその歌詞に、ゴリゴリに感情移入しちゃったり胸が踊ったり泣いたりしちゃうのがこっち。わたし的にはメジャーなランキングに入ってる邦楽や、ジャニーズの曲はほとんどはこっちに入る。

 

 

 

どっちが良くて悪い、とかそういう話じゃないけど、メロディーが最高で歌詞が最高な曲はそれはもう「たまらん」レベルのド名曲リストに入るわけで、例えばスピッツとか星野源とか最近で言うと藤井風とかキッシンとかも、わたし的に「これはたまらん」リストなのである。

 

と、ここまで、素人の知らんがな話を垂れたが、ここからが本題だ。

 

 

 

 

Snow Manのこれまでの曲は、わたしの中でぜんぶ無機物のイメージだった。(いい意味で!いい意味で、ですよ!!!)(必死マン)

 

 

 

例えば、わたしのD.D.のイメージはこれで

f:id:haaaaaaanamaru:20210321090802j:image

 

そしてKISSINのイメージはこんな感じ

f:id:haaaaaaanamaru:20210321090820j:image

 

あとグランドールならこんな感じ。

f:id:haaaaaaanamaru:20210321092426j:image

 

ほかにも、ひらりと桜はまさに、あの歌舞伎の花びらドサー!緞帳どーん!みたいなイメージだし

f:id:haaaaaaanamaru:20210321093541j:image

 

おわメモだったら、ディズニーに出てくるような古い宮殿の図書館みたいなイメージがある

f:id:haaaaaaanamaru:20210321093711j:image

 

 

これ見てもらったらわたしの捉え方が何となく分かってもらえると思うんだけど、

スノにはそれぞれのシングルのコンセプトがガッチリあったからこそ、その無機物感が超かっこよくて、そこが良かった。あとスノは「星」とか「宇宙」とかそういうのが似合うよな〜コンセプト考える時にイメージとして置いてるのかな。知らんけど。

 

例えば

D.D.で顔にプリズムみたいなライトが当たってるカット

とか、

キッシンの真っ白な部屋で無重力に傾いてるカット

とか、

グランドールの無数のレーザーに囲まれてるカット

とか、

今までのスノはなんだか「触れてはいけないもの」みたいな神々しさがあった。アンドロイドみたいな。いい意味で。

もしかしたらこういうとこが「ケーポで見たことある!」と言われる所以なのかもしれない。でもコンセプトがガチガチに固まるほど、自担を見た時に、あ、この人は地球に存在しない何かなんだ……みたいなイメージになると思う。わたしはそうなる。(そうですか)

 

 

 

でも、こういう言い方をしたら語弊があるかもしれないが、ナミダの海を越えていけを聞いた時に、わたしははじめて、スノの曲で、こんなに熱く血の通っている曲を聞いた気がした。

ほかにもどちらかというとそう思った曲はあるけれど、でもこれは圧倒的に他と異なる気がする。

 

汗をかく肌、泥だらけになる顔、とぼとぼ歩く帰り道、夏の潮風、胸に抱えるモヤモヤした気持ち。すごい身近なイメージがぽんぽん浮かんだ。

 

ちなみにわたしはナミヲの歌詞も好きだがこの曲のメロディも大好きなので上記で話した「たまらん」リストに入っている。(ほんまに知らんがな)

 

 

 

 

 

 

 

◼疾走感のあるメロディと歌詞

ナミダの海を越えていけ (以下省略してずっとナミヲと書く)はメロディからしてかなりほかの楽曲と比べて異質な気がする。

全編サイコーだし言いたいとこ上げだしたらキリがないのだが、言うとするなら、わたしは特に序盤が好きだ。

 

最初のエレキがひずむ音がだんだんとボリュームアップしていくところとか、「なにかがはじまる!」という予感がすごい。そのあとの間髪入れずの「Everybody〜」の掛け声もいい。メロディがあまりちゃんと定まってないからこそ、むき出しのパワーを感じる。

 

 

 

 

わたしが特に好きなのはその後。

 

 

帰り道の暗闇 遠くで誰か笑ってる
誰もいない街 朝を待つほどに長い夜だ

 

 

突然序盤から鳴っていたギターの爽やかなメロディがフェードアウトし、ここで急にリズム隊の音が強くなる。背景に鳴る「ドッドッドッドッ」というベース音がお分かり頂けるだろうか。

 

一番初めの歌詞が、「帰り道」「暗闇」「遠くで誰か」と、小さいスコープで、とある孤独な生活を切り取ったような描写だ。

それに合わせてメロディも少し勢いを抑えて、控えめに、しかししっかりとベースが刻まれている。

 

これが、ほんまに、まじでめっちゃいい。

(急な語彙力低下)

 

 

ここのパート割りもいいよね。この歌詞を歌ってるのはラウールとめめだが、2人の声(というか歌い方?)がとても似ていて、不思議な和音が生まれている。静かな場面描写に似合う歌い方だと思う。

 

 

その次からは3人になったり、下ハモが出てきたり、上ハモがあったり、耳から聞こえる音が増えていく。しかしこの最初のめめラウパートだけが、静寂で少し切なくて孤独で、でもベースのおかげで足どりはしっかりしてて、という印象なのだ。

2番も同じメロディがあるが(歌割り分からないけどラウと阿部ちゃんとひかるかな?ハモりもいる)ぐんと人数もハモリや背景の音も増えている。

 

確かに、ここの2番の歌詞は

 

振り向くと向かい風 戻る足跡さらってく
寂しくなるのは 独りじゃないからだ

 

なので、1番と比べるとかなり前向きな歌詞のように思える。この歌い方の違いも面白い。

 

 

 

 

わたしは別に技術に詳しいわけではまったくないけれど、それでもこの曲を歌うのにビブラートやらファルセットやら器用な技はいらないと思う。一生懸命歌うというそれだけでピッタリとイメージにはまることもあるからだ。

 

サビの「あぁ、しょっぱいぜ!」のあぁ!と歌うところとか、9人分の叫びが頭にガツン!!!ときて最高にいいと思う。

やっぱり、スノは人数が多い分、みんなが同じ歌詞を歌うそれだけでパワーがすごい。後ろで「Hey!」とか言ってるだけでもなんだかそれが10人くらいいる気がしてくる。

というか重要であろうサビの頭に「あぁ」という感嘆詞を持ってくるセンスすごない?そんな引き込み方あるんや……

 

 

 

 

ほかにも、歌詞の中に

「風」「海」「雨」「涙」「泥」「汗」「唾」「水平線」

と水関連の言葉が散りばめられているのも連想ゲームみたいで好きだ。

意図的なのかな、分からないけど、聞くたびに砂浜とか実家の海とかそういう身近な自然のことを思い出しちゃう。

 

 

 

歌割りで言うなら、だいたい翔太がフェイクや重要どころを担当するが、ナミヲに関しては他の曲に比べてあまりソロパートがない。

どちらかと言うと、ビブラートなんか無いまっすぐな9人(または複数人)の声が歌詞にのせてドカーン!ドカーン!とぶつけられてる印象だ。ハモリの声も大きめだし、合間にも細かく合いの手が挟まってたり、まさに9人いるからなせるパワープレイという感じで息つく間もないけれど、それが疾走感に繋がっているのかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

◼ 歌詞の良さ

ナミヲのいいところは、誰もが自分のことを重ねて考えられる歌詞そのものにもある。

  

 

 

わたしのイメージのナミヲは地方の小さな町からはじまる。(ここからは妄想です)(突然なに?)

 

 

 

一日に電車は数本、若者はどんどん減っていく小さな町で、主人公は親と一緒に暮らしていた。

家業を継いでいるのか、はたまたその町役場で就職しているのか、どちらかだろう。

f:id:haaaaaaanamaru:20210321104909j:image

ほとんどの同級生は町を出ていった。自分はいつも見送る側。家のことがあるから。わたしには安定した仕事があるから。もう今さら出ていけないから。そうやって電車を見送ってきた。

ある日、小学校の時からずっと一緒の学校に通ってきた親友が町を出る、と言い出した。東京に行く、と。ここに来てそんなこと言い出すなんて、正直馬鹿だと思ったけど、それでも「やっぱり夢を諦めたくない」と、「迷惑かける、ごめん、でもやっぱり、自分の夢を大事にしたい」とその子は言った。

そしてその子はこう言う。「あなたにもずっと昔から言っていた夢がある、それはどうするの?やらないの?」

 

いつものように「わたしには家族がいるしここで働かなきゃいけない」と軽く流して、涙で見送りをして、無人駅から、とぼとぼ歩いた。1人の帰り道にぽつんぽつんと光る街灯が眩しい。

狭い町で、遠くの居酒屋の笑い声が聞こえた。

これでいいんだろうか。そう自分の影に自問自答する。すべてを捨てても夢を追いかけると、この町を出たあの子のことを、わたしは馬鹿になんて出来ないんじゃないだろうか。このままでいいのか。

 

家に帰ってもなんだかその日は寝れなくて、とても長い夜だった。

わたしってなんでこんなとこで燻ってるんだっけ?もしかして人のこと斜に構えて見てめちゃくちゃ嫌な奴になってた?あれ、わたしほんとに何してるんだろう。

 

そう思い詰めたその日の朝にはもう、その日の夜行バスを手配して、荷物を詰め終わっていた。

 

そうやって家を飛び出して必死に働いた2年間。

まだ全然夢という夢を達成出来てはいないが、徐々に仕事も任されて、やりがいも出来た。

 

しかし、馬鹿にしていたアイツや憧れていたあの子はとっくに次のライフステージに進み、それを見るたびに自分のことを思い返しては息が詰まるようだった。

でもあの日、町を飛び出したことには、後悔は不思議となかった。

こうやって1人で孤独を感じるのも、頭の中に思い描けるたくさんの人がいるからなのだろう。応援してくれるあの人たちのためにも、ここでせめて歩き続けなくては。

 

そうして、わたしは知らない街の朝を、また今日も歩き出すのだった____

 

 

 

みたいな話が浮かびました。ほんまに突然創作夢小説(??)始めちゃってごめんワラ 

 

でもまぁみんな似たようなイメージが浮かぶと思う。違う?それならごめんワラ

一応、ここでは上京して夢を追う、みたいな話にしたけど、それが卒業だったり、入学だったり、転職だったり、就活だったり、結婚だったり。人の人生に起こるさまざまなイベントのたびに、自問自答があって、あの子はもうこんなことしてる、わたしはほんとにこれでいいんだろうか、みたいな悩みは尽きないわけで。

 

 

 

 

ナミヲの歌詞で特にポイントになってるのは

 

「じゃあ過ぎたる夢と諦めようか?」

「無理難題な夢をまた見ような」

「間違いなんて誰が笑えようか?」

「出来ないなんて誰が分かるもんか」

 

の呼びかけだろう。

 

 

 

これはわたしあるあるなんだが、基本的になにごとも全然頑張れないタイプの人間なので

「もう君は十分頑張ってるよ」的な応援歌を聞くとめっちゃ自己嫌悪に陥って逆効果になる 。(←自業自得では?)(それはそう)

 

ただ、ナミヲの歌詞に関しては「既に1回諦めてる」「既に何回か失敗してる」ベースの歌詞なので、なんだかとても親近感が湧く。聞いててあまり重荷にならない。(何?このクズみたいな考察)

 

 

個人的な話になるのだが、ここ数年自分の人生で多分今後大事になってくるんだろうなという出来事や試練が山ほど起こり、そのたびに過去の自分が思い描いていた通りにいかないことが増えて、落ち込むことが多かった。

今思い返すとあれはあれで、わりとなるようになってるし、現状にめちゃくちゃ満足出来てないわけじゃないのでそこまで落ち込むこともないんだけれど、でももし過去に戻れたら、やっぱりあれは絶対やり直すんだろうな~、みたいな。抽象的すぎてなんのこっちゃだと思うけど、みんなそういうちょっとした悩みがあって、理想とうまく折り合いをつけて生きているのではないだろうか。

 

 

ナミヲの歌詞は、スノの境遇にもきっとピッタリ当てはまっていて、

それで考えると苦節ウン年の末のデビューや、ミリオンみたいなやっと掴んだ彼らの大きな夢に比べたら、わたしには「夢」なんてものはなくて、あるにしてもそれはそれは大したことないミジンコみたいなレベルの話なんだけど、

 

それでもやっぱりこの曲を聞くと時々、ポロ!っと泣ける時がある。なんか、出来る限りは頑張んなきゃな、という気持ちになる。

 

 

 

 

なにより、これを歌うスノがめちゃくちゃいい顔をしていた。それが本当に好きだった。

元々曲が好きだったけれど、この曲を配信ライブで歌う姿を見てなお大切な曲になったように思う。

 

 

これはいつかのブログにも書いたのだが、

スノはデビューしてからいままで右肩上がりでガンガン売れている最中で、出すものすべてが大きな数字で返ってくる(ファンがこれ言うと痛いと思いますが、まぁあえてこう書きます) から、きっと仕事のやりがいもある事だろうと思う。上しか見てない、というのは嘘じゃないだろう。

 

 

 

しかし、彼らはデビューしてからまったくファンの顔を見れていない。

 

これはわたし達ファンも同じだが、わたし達は元々偶像崇拝みたいなもんだし(?)本人たちの顔も浮かべばアホみたいな量の供給もある。ライブや舞台も「アイドルっていたんだ!」「やばい、アイドルって本当に汗かくんだ!」を実感するために会いに行くようなものである。(極論すぎる)

 

 

でも彼らからしたら自分たちの抱える仕事や返ってくる数字や世間からの認知度はどんどん大きくなっていくのに、その中の一人一人の顔はまるで想像がつかない1年だっただろう。

わたしは、それが可哀想で可哀想で仕方なかった。

だれも悪くないのに、そのことを思うと、そしてすっからかんで、ペンライトだけが光る席で、歌って踊ってくれた彼らを見ると苦しくなった。

 

 

 

だから、配信で

 

「 あぁ、眠らず夢見た水平線 」

 

と、肩を組んで笑いながら歌っている姿を見た時に堪らなかった。

すごく良かった。胸に刺さった。

 

あぁ、この人たちはこうやって、見えないファンのためにカメラに向かって笑ってくれてるんだ、頑張ってんだな、となんだかめっちゃ身近に感じてグッときた。アイドルへの「人間」を感じた瞬間だった。

 

そう思うと「ひとりじゃないって最強だ」のキャッチコピー、天才だなぁ。皮肉だけどこの一年にあった色々なこと(いいこと悪いこと含め)やコロナの状況も相まって、素晴らしいコピーへと昇華されている。ひとりじゃないって最強だ。最高だ。

 

 

 

 

話がちょっと逸れたが、こういう個人的な思い入れもあってナミヲのことが片思いばりに大好きだ。(擬人化?)

 

 

 

いつか有人のライブで歌ってくれるなら、ぜったいにぜったいにステージトロッコがいい。

 

ちょっとクール系ダンス曲終わりで、会場が暗転してたとこからライトが一気にバーー!!っとついて、ほんで最初はセンステで歌い出しがいい。みんなで手叩きたいもんね!多分そのあとトロッコ移動だと思うけど、ファンサとかせんでいいので(コラー!)、ファン無視で思いっきりメンバー同士イチャコラしながら歌ってて欲しい。あ~でもクレーンも捨て難いな。クレーンの上で、後光さしながら歌ってるのを双眼鏡で見て泣きたい。

 

 

 

 

長々と書いたが、みんなそれぞれに「ぼくわたしのナミヲとの思い出」などがあればぜひ教えてほしい。

一緒に熱くなろうや!